読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

ありがとう、新宮。

ありがとう、みなさま。


前回のつづき)

思いがけず訪れ、3泊4日の旅を過ごさせていただいた

和歌山県新宮市。


今日は、その最終日でした。

f:id:Yuichirokun:20160208001204j:plain

 

天川の旅からそうでしたが、

本当に、天候と、人々に恵まれた日々でした。

 

昨夜の祭りの跡残る、神倉神社へ。

f:id:Yuichirokun:20160208001438j:plain

 

神倉神社が好きな友達によると、

太陽の光を受けて、ここまで海が光っていて

雲も地平線と並行な形を描いて浮かんでいるのを見るのは、

初めてダ!と言っていました。


この御神体から石段を下って戻ると、

ちょうど、ご神事が始まるところでした。

 

昨日の「お燈祭り」が、無事に執り行われたことへの感謝を捧げる

「翌日祭」の、始まりを告げるものでした。

f:id:Yuichirokun:20160208001743j:plain

 

神倉神社での護摩焚きは、

さすがは火の神様をお祀りする、火祭りを敢行する場であるからか、

護摩の火の勢いが、天河神社でのそれとは、また違った迫力がありました。

f:id:Yuichirokun:20160208002151j:plain

 

火渡りの行も、人生で初めてやらせて頂き、

新宮市を後にしました。

 

新宮の旅と、お燈祭りへの参加を提案してくれた、

天川仲間の友達に、この場をお借りして、心から感謝します。

(最高に充実した時間を、ありがとう! また、遊ぼう!)

 

そして、お寺の離れに連泊させていただいた、和尚さん。

ありがとうございました。

また新宮に行くときは、ぜひよろしくお願いします!

 

天川から新宮へと辿ったこの旅。

いざ、最終目的地の京都へと向かいました。

和歌山県新宮市からは、電車で5時間ほどかかりました。

f:id:Yuichirokun:20160208002850j:plain


天川に行く旅は、このタワーの見えるローソン前で待ち合わせて

始まったのでした。。

 

そのときは、天川の後に新宮に行って、

白装束を着てお燈祭りに参加して、

また京都に戻ってきて、再びこのタワーを見ることになるとは

想像もしていなかったです!


明日は、実に9年ぶりの京都観光をしてまいります。

 

目的地のひとつ、鞍馬寺では、

瞑想したい!!

 

貴船神社でも、瞑想したい!!

 

九頭龍神社でも、瞑想したい!!

 

新幹線のぞみ号でも、瞑想したい!!

 

また明日!!!

 

f:id:Yuichirokun:20160208004430j:plain