読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

心願成就スキル、はじめました。

冷やし中華、はじめました。

きょうもFM88.8まで周波数を合わせていただきまして、ありがとうございます!

わくわく、ドキドキのうちに始まりました、「空(くう)と共に在る 心願成就スキル」、絶賛実践中です!

f:id:Yuichirokun:20160221141833j:plain


このスキルを日々継続していく中で起こった変化や、気がついたことなど、ブログでレポートしていきたいと思いますっ

すでに実践している方からは、ものすごいスピードで願い事が叶ってしまったという話も出ているこのスキルですが、実際にやってみたところ、大切なことに気がついたり、大切にしたい感覚が出てきたり、、初っぱなから色々と感じましたので、ひとまず、そのご報告から!

叶える土壌をも耕す

世の中には、本当にたくさんの願望成就の方法が公開されていますし、僕もそのうちの有名どころ、たとえばイメージを使うものであったり、ひと昔前の引き寄せの法則であったり、、色々と試したことはありましたが、やはりロウソクに刻んで火を灯し、お線香を焚くという行為のためか、願いに対して、ここまで「心が乗った」ことは、初めてであったような気がしました。

どんな願望実現の方法を行うにしても、一番大切なのは、叶えるという「スイッチを入れる」ことであるそうです。

「心が乗る」「心を乗せる」ということは、そんな「スイッチを入れる」こと、そのものであったようにも感じました。

ロウソクとお線香を土に立てて、火を灯して目を閉じると、天と地がつながるようにも感じます。

いつも瞑想のあと、心の中でご先祖様に向けて、感謝の祈りをする習慣があるのですが、いつもより強く、そんな見守ってくれている存在とのつながりも感じられました。

法事や祭事においてロウソクに火を灯すのも、あの世や目に見えない高次の世界である天と、僕らの生きる世界と母なる大地である地をつなげる、という意味合いがあるのでしょうか。

願い事を天まで届けて、それを地に降ろす(=叶う)という力学としても、それらを感じるのです。

あと、ロウソクの優しい炎の暖かみが、許しのフィールドとも言うべき空間を作ってくれて、「さあ、すべての願い事を告白しなさい。すべては許されています。」とでもささやかれているような、なんともホッとする場を作り出してくれます。

願望実現の方法などでよく言われているように、いわゆる深層意識において、自分を否定する気持ちであったり、叶えることを阻むブロックがあったりすると、どんなに優れた方法であっても、それでは叶いませんよ〜という話がありますが、この許しのフィールドは、そんな諸々を溶かしてくれるような、癒しのエネルギーも含んでいるように感じました。

「あなたの世界とは、あなたが何を許して、何を許していないかでできている。」

とは、世界的なヒーラーである、レバナ・シェルブドラさんの言葉ですが、心願成就スキルには、このような願望を実現するうえで最良の土壌となる、「スイッチを入れること」「叶うことを許すこと」という2つも、含まれているのではないでしょうか。

願いの奥にあったもの

「願い事の、その奥にあるものが見えた。」

これが、心願成就スキル初日の、一番の"カミナリ"でした。

この日は、毎朝誘導瞑想の先生のお話のところだけ後で聞いたのですが、そのお話でも「願いの元にある愛。つまり、人との関わり、世界との関わりの中で感じる愛に気がつくこと、またその愛の場所から行為することこそ大切。」と話されていて、まさに、このことだ!と思いました。

具体的にお話しなければ、なかなか伝わりにくいところであると思いますので、恐縮ですが、私事を例にさせて頂きます。

「願い事の奥にあったもの」

それは、僕の場合、「自由・豊かさ」への愛でした。

僕は音楽が好きなのですが、例えば「ミュージシャンになりたい。いつもロックしていたい。」という願い事があったとして、その奥には、音楽やロックという「自由」へのトキメキがあったり、音楽がもたらしてくれる、心の「豊かさ」に惹かれていたりします。

瞑想にも凄く価値を感じているのですが、自分を本来の状態に導いてくれるものとして、その奥にはやはり、自分らしく「自由」に生きることや、この世界をもっと「豊か」な、ありのままの真実の姿として感じたい、という想いがあったりします。

「好きなこと」「叶えたいこと」のその奥には、いつだって「自由・豊かさ」へのが、横たわっていたのです。

ここで大切なのが、この心願成就スキルは、例えば「ミュージシャンになりたい」という願いのほうに集中するのではなく、その奥にある愛(僕の場合は自由・豊かさ)の場所から、目の前のもの(たとえそれが音楽に一切関係のないことであったとしても)を大切に行為していくとき、自然と「ミュージシャンになりたい」が叶ってしまうような、大元の愛から生きることを促すようなテーマがある、ということ。

これこそが、「幸せになる王道」であるそうです。

心願成就スキルや瞑想は、この幸せになる王道に心を開いて、それを実際に生きることを通して、宇宙の法則や自然摂理(幸せになる創造原理)をマスターすることでもあると。

う〜ん、深いですね。

でも、とってもシンプルだと思いませんか?

複雑そうに見えるこの世界は、思っているよりも、ずっとシンプルなのかもしれません。

「叶えたいこと」「叶えることを阻んでいる障害」を取り上げて、それにフォーカス(集中)するのではなく、その奥にある、愛に生きる。

愛に生きるということは、目の前にもたらされるすべてのもの、すべての関係が大切になるということ。

目の前の世界すべてが大切になるということは、まさに、「いまここ」を大切にして生きる、「いまここ」の意識。=悟りの入口です。

心願成就スキルを実践することや、瞑想を実習することは、「愛に生きる」(=「いまここに生きる」)という、シンプルかつ、すべてを可能にする場所に生きることである、と言えそうですね!

 

ありがとうございました。