読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

探求の終わりと瞑想②

きょうもFM88.8 瞑想RADIOまで周波数を合わせていただきまして、ありがとうございます!

今回は、「探求の終わりと瞑想①」の、つづきのお話になります。

いやーそれにしてもビックリしたのが、、

何気なく、「探求の終わり」と検索をかけてみたらですね、阿部敏郎さん、大和田菜穂さん、やまがみてるおさんといった、そうそうたる方々のブログや動画と、ナント当FM88.8の記事が並んでいまして(!)この新参者のブログが、検索結果でかなりの上位に食い込んでいました。

これも日頃、皆さまからアクセス・ご訪問頂いているお陰様ですね。

本当にいつも、ありがとうございます!

ということで、ちょっと今日は、普段より2割増しくらい背筋を伸ばして、編集画面に向かっております。

 

前回を振り返って。

「探求の終わりと瞑想①」では、瞑想によって、なんとなく「存在感覚」といったものが軽く・静寂になってきた!ような気がする!という気づきについて、お話しました。

それは、瞑想によって「私・自分」といったものが薄らいで、より自然になっていったからで、なぜ自然になると「私・自分」が消えていくのか?という点について、プロペラ機のプロペラで例えてみました。

プロペラは、回転するというプロペラ本来の、その自然な機能を為すことによって、回転が速くなるほどプロペラは消え、それによって飛行機は飛ぶことができる。つまり人も、その人本来の「自然」を生きるとき、個的な意識は消えて、最大のパフォーマンスを発揮するのではないか、というお話をさせて頂きました。

だからといって、「自然こそ最上である」といったものが、万人にとっての真実であると見てしまうのは、それこそ不自然な認識で、本当は、その人・その時によっての真実があるだけなのではないかと思うのですが、今回はそんなお話を、さらに深めてまいります!

 

春なので、桜の木の登場です。

といっても、ここ埼玉では、もうだいぶ散り始めている頃ですが、、。

って、ちょっとシンミリした気持ちになってしまいました。。気を取り直して!

・・桜の木とは、桜の花を咲かせる木で、突然チューリップの花を咲かせたり、パイナップルの実をつけたりすることはなく、あくまで桜の花を咲かせるのが、桜の木にとっての「自然」ですよね。

でも、だからといって、桜の木が年中桜の花を咲かせているかといったら、まったくそんなことはなくて、咲いているのは一年のうちの、たった2〜3週間くらいなわけです。

後はどうしているかというと、桜の花を落として、葉桜になるのが「自然」である時は葉桜になって、葉をいっぱいに繁らせることが「自然」である時は葉を繁らせて、葉を落とすことが「自然」である時は葉を落として、、その時々の「自然」によって、葉を出したり、繁らせたり、葉を落としたりして、また花を咲かせることが「自然」であるときに、桜の木は、自然と花を咲かせます。

なので、たとえば「瞑想はあるがままという、真実の存在状態にいざなうので、あるがままこそが、この世の真実ですよ。」という話を聞いたとき、

「そうかー、あるがままが真実なら、ダラ〜んとして生きても、それがあるがままの姿だったら、OKじゃないか!」として、ダラ〜んとなってみても、もしかしたらその人にとってみれば、実はその時、葉を元気いっぱいに繁らせること(活発に活動すること)のほうが「自然」で、ダラ〜んと脱力して葉をどんどん落としていくのは、実は「不自然」な、「あるがままではない」姿だったりするのかもしれないのです。

たとえば、「あなたは、あなたという花を、咲かせなければならない。」という話を聞いたとき、

「やっべー、全然咲く気配ナッシングだわ〜。あの人は、あんなに綺麗に咲き誇っているのに。。どうせ僕なんか、私なんか。。」となってみても、本当は、今は葉を落として、それを土に返すことで栄養分を蓄えていることが、「自然」であるのかもしれない。


そのようなことから、一見、真実や法則めいて見えるものに触れたときは、それが今の自分にとって「自然」なものかどうか、飲み込む前に、いったん見てみることが大切かも!ということが、やっと最近になって、分かってきました。

おそらくですが、このような理由から、「万人にとっての真実」というものはなくて、真実とはよく言われているように、生きている人の数だけ存在しているのではないかと思われます。

したがって、瞑想などによってその眼差しを内に向けたとき、真実とは外側に絶対的な対象としてあるのではなく、内にとっての「自然」に対応する真実しかない(=真実は内にしかない=内に真実はすでにあった)ということを悟って、真実を求める探求は、終息してゆくのだと思います。

瞑想を深く実習している人ほど、「精神世界の本を読まなくなった」と言う方が多いですが、それも瞑想によって、内に真実があることを深いところで知り始めているが故に、本という外側の媒体に真実を求めることが、終わってきているからではないかと感じるのです。

 

新着記事の更新を、メールで通知する機能を設置しました!

冒頭のような、そうそうたる方々のブログを愛読されている方から、

「メールで更新を通知してくれると、取りこぼしがなくて助かるんだけど。」

というご提案をいただきました。常にスピリチュアル界の最先端を鋭く見つめながら、多方面にわたって研鑽を積まれていらっしゃる方からの、「取りこぼしなく」との言葉であっただけに、内心、飛び上がるほど嬉しかったのですが、早速、記事を更新したときにお知らせする、"メール通知機能"を以下のように設置させて頂きましたので、皆さまのご都合にあわせて、ご利用いただけましたら幸いです!

 

◆ PC / タブレット端末では、右欄の「読者登録はこちら」のすぐ下
スマートフォンなどのモバイル端末では、各記事のおわり、シェアボタンのすぐ下に  「このページの更新通知を受け取る」とありますので、こちらをクリック(タップ)いただき、メールアドレスをご入力ください。

(迷惑メール対策で受信設定をされている方は、mail@mail-wind.comからのメールを受信できるように設定をお願いします。)

◆ "通知間隔"は気にせず(この通知間隔でメールが届くわけではありません。)必要でしたら、利用規約やプライバシーポリシーをご確認いただき、「登録」ボタンを押します。

◆ ご入力いただいたアドレス宛に「【FM88.8 瞑想RADIO】更新情報通知 ご登録ありがとうございます(Mail-Wind)」というメールが届きますので、メール本文に記載のURLから、仮パスワードとともにログインします。

◆ "更新通知メール"「受け取る」を選択、"通知頻度"はどれに設定しても、記事が更新されたときのみ通知が行きます(選択した頻度で通知が行くわけではありません)ので、特にどれを選択して頂いても構いません。

下の"設定を反映する"という項目で「保存する」を押して完了!

以上のお手続きをもって、ご登録いただいたメールアドレスで、更新通知を受け取ることができます。

 

f:id:Yuichirokun:20160413165028j:plain

 

次回は、「探求の終わりと瞑想③」をお届けいたします。(まだ続くんかい!)

 

ありがとうございました。