読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

意識の力って、すごいかもしれない。

きょうも、FM88.8瞑想RADIOまでアクセスいただき、ありがとうございます!
 
近頃の毎朝誘導瞑想は、Hiroki先生がタイでの瞑想トレーニングに行かれているため、有志の生徒による連携プレーで、配信が行われています。

僕も一度、出演させていただきました。
昔、塾の講師として沢山の生徒の前に立っていたことや、少なからずバンドでのステージ経験もあったので、
「まぁ、余裕だろう!」
とタカをくくっていたのですが。。

『空(くう)と共に在る心願成就』という、真我の願い(=根源)と融合し、その意識を"これから始まる一日"に満たし広げる祈りでは、ロウソクを持つ自分の手が、少し震えていることに気づいて、、
Hiroki先生が配信を始めた当初、そのお姿があまりに固く、色々とぎこちなくて、みんなで「先生固すぎー!」と突っ込んだものですが、先生、あの時はごめんなさい。。と心の中で謝ってしまうくらいの、緊張っぷりでした。

その配信の帰り道、一緒に担当して頂いたMさんが、「話すことをガチガチに決めてから話そうとすると、緊張する」ということを打ち明けてくれて、なるほどー、確かにそういうものかも、と思いました。
例の「心願成就」のときも、ふだんHiroki先生が届けていらっしゃる言霊を、そのままミスなく届けようという気持ちがどこか働いていたから、緊張してしまったのかなと。

人は、アタマを使おうとすると、固くなってしまうのでしょうか。

みんなでリアルタイムにやる凄さ

その前日も、朝から先生の配信現場で瞑想させて頂きました。

配信中、教室で5人(先生を入れて)とともに瞑想していたのですが、明らかに5人以上いるよねというような、沢山の瞑想者と共に瞑想している感覚があって、それはもう、ほとんど不気味といっても良いくらいリアルなもので、、配信で(意識で・空で)繋がって瞑想しているんだなということが、あらためて実感できたような時間でした。

また「心願成就」では、ご視聴の皆さまのチカラも加わってか、手に持っていたロウソクの炎が、ハートの熱、または神聖な熱を帯びているような、、それはとても、神社の祭事での護摩焚きが放つ熱に似ていて、畏敬の念を覚えるほどであったことが、鮮明に思い出されます。

その日には、「こんな仕事で、生きていきたい」と思い始めていた、まさにその仕事のお話を頂く機会もあって(!)皆んなで同時に祈ったことのパワーによるものかと、感じたりしました。

意識のチカラというと、意識を存分に集中させて、何かを成し遂げることであったり、意識を使って叶えたいことを引き寄せるといったことをイメージするでしょうか。

また、このようなイメージのもと、意識のチカラを使う=念じるといったように、ちょっと肩に力が入りがちになってしまうところも、あるかもしれません。

でもひょっとしたら、「意識のチカラを使おう」とすることより、毎朝誘導瞑想で意識を合わせて瞑想することや、意識を合わせて祈るといった、リアルタイムで多くの人と「意識を合わせて何かをしてみよう」から始めてみることこそ、そんな「意識のチカラ」を発動させるうえで、すごく大きく寄与するものがあるのではないかと思うのです。

肩の力を抜いて心を開くことで、意識のチカラはもっと、その本来の力を発揮するのではないかとも感じます。

毎朝誘導瞑想のなかで

「あれ、一人で瞑想するときとは、ちょっと違う気がする」

「1日の質が、なんだか変わった」

・・そんな感覚にこれからも心を開いていくことで、意識の力に心を開いていきたいなと感じているこの頃です。

 

f:id:Yuichirokun:20160427002127j:plain

 

ありがとうございました。