読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

doTERRAからの、一流ファッション誌GINZA〜その3 瞑想とマインドフルネス

きょうもFM88.8 瞑想RADIOにアクセスいただきまして、ありがとうございます!

今日は、地元でdoTERRAのレッスンが開催される!ということで、ワクワクして参加してまいりました!

「あなたを細胞からぴかぴかにする♪ メディカルアロマ講座」

doTERRAのオイルで、家族の健康を守り、より幸せな毎日を送るためのレッスン。

「ママさん向けにやっていて、お子さん連れの方もいて楽しいよー」と、ドテラ歴も長いJunkoさんからお誘いを頂いたときは、うーん、男子が参加するには、ちょっと気後れするかなぁ・・と思っていたところ、「いつかパパになるんだから!」と言って頂いて、確かにそうだな!と。

地元でドテラの集まりがあるなんて、やっぱりワクワクするなぁということで、小雨降るなか、勇気を出して参加させて頂いてきたのですが、行ってよかったー!

お子さんもみんな可愛いし、皆さんステキな方々で!オイルのいろいろな使い方のアイデアもシェアしていただけて、やっぱりドテラ凄いなぁ、、の連続でした。

エッセンシャルオイルを使ったランチも、とっても美味しかった!

地元のステキなdoTERRAの集まりの仲間に入れて頂けたことが、本当に嬉しかったです。これからのアロマライフも、ますます盛り上がりそう。。

 

f:id:Yuichirokun:20160715232930j:plain

GINZAに掲載の瞑想特集、マインドフルネスに感じたこと

Google、Facebook、ゴールドマン・サックス、、錚々たる大企業で今、マインドフルネスというアメリカの大学で開発された瞑想法が注目され、取り入れられています。

そんなマインドフルネス提唱のうえで元となった、ヴィパッサナー瞑想という瞑想法を以前やっていたのですが、あらためてマインドフルネスについての解説を読んでみると、なるほど、確かにヴィパッサナーを手本としていることが、随所に感じられます。

でも、実のところマインドフルネスとは、ヴィパッサナーの核心に入る前の準備段階である「呼吸への気づき」というところだけを主に採用していることが、あらためて分かりました。

なので、ヴィパッサナーの一番大切なところをゴッソリ抜いているという点で、ちょっと残念というか、勿体ないなぁと感じてしまうところもあります。

その一方で、マインドフルネスの素晴らしいと感じる点としては、「瞑想で内面の変化は感じるものの、外側に変化が感じられない!」という人に、一つの光となり得るところです。(本当は内面が変化することこそ、実は凄いことで、その内面の変化の広がりとしての外側の変化というものが、本来の変容プロセスであるのですが。。)

どの部分にマインドフルネスの光を感じているかと言いますと、変化・変容するうえで、最も重要な核であると思われる「意志」を育てることに通じている点です。

マインドフルネスの特集の最後にあった、次のような言葉が、それを端的に表しています。

「自分では知らないうちにマインドフルネスを実践していることもあるということです。納得して続けられるものなら何でもいいんです。私は最近、毎朝1時間教科書を読んで勉強する習慣を身につけました。朝の1時間勉強すると、他に何もしなかったとしても、その日一日に満足することができます。」

GINZA 8月号 P.173 「マインドフルネス的に生きるということ」より

このような、具体的で現実的な行動の奥に流れる、「変える・創造する」という「意志」。

瞑想者が忘れてはならない、大切なことを含んでいると感じるのです。

 

そんなマインドフルネスとヴィパッサナー瞑想については、また今後詳しく記事にしてみたいと思います!

今日のミュージック♪ 

Queens Of The Stone Age "Go With The Flow"

youtu.be

 

ありがとうございました!