読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

清里瞑想リトリート9日目〜FM88.8 in 清里〜

きょうもFM88.8 瞑想RADIOまでアクセスいただきまして、ありがとうございます!

今朝は、毎朝誘導瞑想でのメッセージが、とても胸に残りました。

「自然の中での空(くう)の瞑想は、悠久の今、悠久の癒し、悠久の存在を教えてくれる。」

瞑想しているときにふいに感じる、「悠久」

それは、昔からずっと存在していた(瞑想していた)ような感覚。


瞑想をしていると、宇宙意識(あるがままでOK)という心が芽生えてきますが、そこで実際に起こっているのは、そんな「悠久さ」が、波立ち(粗い波動)を溶かすことであり、ゆえに瞑想者は、「悠久の癒し」をこの世界にもたらすことのできる人である。

そんなメッセージが発信された今日、マントラを伝導する儀式として、ある方のプージャに(瞑想とともに)立ち会わせて頂きました。

プージャとは、古来から伝わる、宇宙(神々)に捧げる祈りの行為のことを言いますが、これは同時に、宇宙が始まる前からある、「悠久」の伝導でもあります。

永遠の今(=悠久・空)へアクセスする扉を開くための祈り、とでも言えるでしょうか。

このプージャの言霊と音色が、なんとも「悠久」を感じさせるものでありまして、それこそ本当に、「昔からずっと存在していたような」、どこか懐かしい感覚を思い出させます。

そう、プージャにサブタイトルというものを付けるとしたら、それは「悠久」ではないかと、あらためて感じました。


永遠に失われることのないものを、そのまま音霊にしたような儀、プージャ。


このプージャという祝福の場を共有できた機会は、とてもとても、貴重なもので、、

祈りと共にある、じっくりと空の練られた自然溢れる空間での瞑想は、悠久というプージャの底知れぬエネルギーとも相まって、非常に深いものがありました。。

このように、今回のリトリートでは、瞑想の素晴らしさに改めて気づかされる日々となっています。

今朝の毎朝誘導瞑想では、長野県のフルフィルメント瞑想スペース桜舞(SAKURAM)を主宰する、高橋美奈子先生もお話されていますので、ぜひご覧になってみて下さい!

(そんな美奈子先生は、本日もリトリートのご飯を作りに、車で駆けつけて下さいました。連日に渡り、本当にありがとうございます⭐︎)

スペース桜舞のホームページ:

www.sakura-m.net

f:id:Yuichirokun:20160828232150j:plain

 

ありがとうございました!