読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

大海の一雫と、瞑想。

きょうもFM88.8 瞑想RADIOにアクセスいただきまして、ありがとうございます!

今朝の誘導瞑想は、茨城の水木海岸からの配信でした。

「誰の中にも、大海の一雫がある。」

この言葉に、心の深いところが反応するのを感じます。

我々は、大いなる源という大海より生まれ出でた、一雫(ひとしずく)であると言われますが、よくスピリチュアルな本を読んでいた時期は、このことを頭の中で「そういうものなんだなぁ」くらいに思っていました。

それから、沢山の瞑想を重ねてきた今だからでしょうか。

その一雫とは何ぞや?ということを想うとき、

「いまここに存在している」ということが、

そんな大海の一雫であることの、紛れもない確証なのだということを、

ごく自然と、感じるのです。

海水は塩っ気があってショッパイですが、

大いなる大海と、そこからの一雫の味とは、

「存在」の味、とでもいうべきものなのだと思います。

「味のあるヒト」とは、そんな本来の姿(存在)を露わにした、

「存在感のあるヒト」である、とも言えそうですね。

今、「本来の」と書きましたが、

瞑想をすると、よく「本当の自分になれる」

「本来の自分に還る」などと言われます。

このブログでも、

よく「本当の」「本来の」なんて言いますが、

瞑想について語るときの「本当の」というのは、

「嘘」に対する「本当」という意味で言っているのではなく、

「本当」や「嘘」といった言葉の入り込めない領域、

「本当」も「嘘」もない感覚世界のことについて、言及しています。

「存在」を前にしたとき、本当や嘘といった言葉は、

大海のモズクとして、消えてしまいます。

瞑想がいざなうのは、そんな言葉にならない、

本当の世界である「存在」「大海の一雫」です。


瞑想とは、

この大海の一雫となり、

この大海の一雫を味わいながら、

大いなる大海である「存在」という味を思い出し、

味わう時間なのだと思います。

f:id:Yuichirokun:20160909000023j:plain

 

ありがとうございました!