読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

瞑想で「〜のために」が止むと、広がる世界のこと。

きょうもFM88.8 瞑想RADIOまでアクセスいただきまして、ありがとうございます!

 

今朝、瞑想をしていたときに、感じたことがありました。

 

よく「感じきる」ことで、その感じきった対象は「消える」「溶け去る」と言われますが、「消す」「溶かす」ために感じきろうというのは、違うのではないか。

「〜のために」を取り去って、ただ感じること。

 

これが大切なことである、という感覚でした。

 

「〜のために」を脇に置いてみると、「〜ために」を支えていた心、または感情のみが、残ることになります。

 

この心、または感情を感じること。

この心、または感情と共にあること。

 

それは、「今を生きる」ということ。

 

瞑想をすることは、今に在りやすくなる習慣です。

 

今に在ると、すべてが「収穫と実り」だけになります。

感じるということは、それがネガティヴなものであれ、ポジティブなものであれ、一つの収穫であり、すべてが例外なく、魂の喜びなのではないでしょうか。

 

ただ感じていると、収穫と実りだけしかない世界が広がります。

そして、このことを心の底から実感するのは、そう遠くない未来であるような気がしてくるのです。

 

f:id:Yuichirokun:20160921000902j:plain

 

ありがとうございました!