FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

ウルトラスーパーな気づき。

きょうもFM88.8 瞑想RADIOまでアクセスいただきまして、ありがとうございます!

今日は、"ウルトラスーパームーン"でした。

月が地球に68年ぶりという距離まで接近することで、"ウルトラ"級の大きさで見えるという今回の月でしたが、残念ながら日本各地雨や曇りのところが多かったそうです。

月は太陽の光を受けることで、その姿が初めて"発見"できるからなのか、その名に"つき"という言葉が入っているからなのか、「月」とは、「気づき」の象徴として捉えられるという話を、何かの本で読んだことがあります。

そんな日だからでしょうか。

これまでの人生とこれからの人生において、とても根本的な示唆をいただいたり、それが"ウルトラ"級の気づき(当社比)に発展したりということがありました。


ただ、この記事のタイトルに興味を持っていただいた方に謝りたいことは、その『気づき』の内容については、明日の記事で書かせていただきたい、ということです。

個人的に、とても大切な気づきでありましたので、それをすぐにバーっとまくし立てるように文字にしてしまうのは、少し違うという感覚がありました。

そう、超個人的なことなのですが・・ 物質をこれ以上分割できないという最小単位まで見ていったとき、そこには全宇宙の情報があると言われるように、超個人的なことを書くことで、それが読んで下さる方の何かに触れるかもしれないということを信じて、明日、ゆっくりじっくり、綴ってみたいと思います。

 

先ほど、NHK Eテレにて、"100分de名著"(毎週月曜日/午後10時25分~10時50分 <再放送>水曜日/午前5時30分~5時55分、午後0時00分~0時25分)

道元『正法眼蔵』第2回 「迷いと悟りは一体である」を見ました。

『正法眼蔵』・・全瞑想者必読の書なのではないか、という予感です。

このあたりのことも含めて、また明日、お送りしたいと思います!

引っ張ってしまって、ごめんなさい。

 

f:id:Yuichirokun:20161115000355j:plain

 

ありがとうございました!