読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

揺るがされない、静寂の場所に在るためには。

きょうもFM88.8 瞑想RADIOまでアクセスいただきまして、ありがとうございます!

昨日の毎朝誘導瞑想でのお話が、マイクの不具合からか、少し聞き取りづらかったという声が上がっておりましたので、本日はこの回のお話を、FM88.8的に振り返ってみたいと思います。

空の瞑想は、吹き荒れる波に揺るがされない静寂の場所に在り続ける力を与え、その偏在の働きと共に、自身が全うすべき道流れを為して行くことができる。

これによって、空の瞑想者は、小事を押し飲み、大事を成していくことができる。

 

小さなことが気にかかったり、些細なことで心に波風が立ったりするときは、自身にとって本当に大事なことが曇りがち(または見失ってしまっている)がゆえに、小さなことや些細なことという「小事」が、「大事」になってしまっているサインかもしれません。


瞑想をすれば、小さなことが気にならなくなってくる。

一般的に、よく聞くお話です。

ただ、「瞑想をして変わった!」「瞑想をしても何も変わらない。。」という一喜一憂の場所にいては、やはり「小事」が「大事」になってしまっている状態と、変わりないものと思われます。


瞑想の真価を知る人は、あまり自ら進んで、この「変わった」「変わらない」といった「小事」の話をしようとしません。

瞑想による本当の変化とは、自身にとって「大事」なこと、「大事」にしたい感覚、成し遂げたいこと、本道・・これらに立脚してこそである、ということを知る人は、何が本当に「大事」なのかを見通している人である、と言えるかもしれません。

 

瞑想によって「小さなことが気にならなくなってくる」というメカニズムの裏には、このように「自身にとって何が大事であるのかが分かってくる」ことと、連動している面が大いにあります。


決して、「心地の良い瞑想ができると、現実も心地の良いものになって、何でも上手くいって、自然体になってあるがままの存在状態になる・・」といった話ではないのですね。


僕もかつては、「自然体」「あるがまま」といった態度に憧れ、どうしたらそうやって生きられるのかと、試行錯誤していた時期がありました。


でも、あるときに、それは「小事」へのこだわりに過ぎなかったと知ります。


「自然体」や「あるがまま」というのは、(例えば瞑想を重ねることで見えて来る)自分にとっての「大事」なことを全身全霊やったあとに、(大事なことに真剣勝負であるがゆえ、それは小事をも飲み込んでしまうことで)その結果として、「自然体」「あるがまま」といったものが、後からついてくるのだということに。


また、「揺るがされてはいけない」というのも、「小事」へのこだわりから来るものかもしれません。

「大事」に立脚すると、揺るがされている自分を、もっと深いところから見つめ、同時に、その揺るぎを、「大事」なところから良きものに変容していく、または変容しようとするハートと共に(大事なものに真剣であるがゆえに)自然と在ることになります。

 

瞑想は、「大事」なものに生きる、「大事」なところから生きる、という力を与えてくれます。

『揺るがされない、静寂の場所に在るためには。』

・・「大事」から生きる、ということに尽きるように思います。

 

瞑想スペースAOYAMAでは、明日から27日(日)まで、ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳にて、今年最後の宿泊瞑想リトリートを敢行いたします。

 

ますます、この「大事」に立脚すべく、参加者として、またサポート役として、すべての瞬間を大事にしながら、この期間を瞑想的に過ごしに行ってまいります!

このリトリートにご参加の予定の無い方も、どうぞここ数日の瞑想では、八ヶ岳まで意識を合わせて、瞑想してみて下さいね!

きっと、八ヶ岳リトリートのディープな空間に同調しての瞑想が、楽しめるかもしれません。

f:id:Yuichirokun:20161122220249j:plain

 

ありがとうございました!