読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

瞑想で、立たせてみよう、アンテナを。

きょうも、FM88.8まで周波数を合わせていただきまして、ありがとうございます!


『瞑想をすると、"自分アンテナ"が立つ。』

こんな言葉、聞いたことはありませんか?


きっと、無いと思います。

・・だって、今日思いついたんですから!!


でも、「アンテナが立つ」経験は、みなさんあると思います。

例えば、何気なく雑誌を読んでいたところ、『全国パワースポット特集』なる記事に出くわして、「パワースポットで開運しました!」といった体験談なんかも載っているのを読んで

「いいなー!パワースポットで運気をあげて、私も恋人をゲットしたい!」

と気持ちが盛り上がった(="パワースポット"というアンテナが立った)途端、テレビ番組表の「パワースポット特集」という文字が目に付いたり、京都の神社仏閣を巡ってきたという友達が、縁結びにご利益のあるおすすめの神社を教えてくれたり、いつもならスルーしてしまう「いやー最近、祝詞をあげることが趣味で」といった会話がどこからともなく聞こえてきて反応したり、「明日は、会津若松のパワースポットから、毎朝瞑想配信です!」なんて情報が飛び込んできたり・・

こういった現象は、パワースポットを欲する意識が「アンテナ」となったからこそ、起こってくることだと思うんです。


それでいうと、『瞑想をすることで、本来の自分になる』という、よくあるキャッチコピー(実際、その通りですよ!)のメカニズムは、次のようなものではないかと感じられてきます。


つまり瞑想によって、「本来の自分」を覆っている霧が晴れることで、「本来の自分」という"自分アンテナ"が立ち、そんな「本来の自分」に関係するものが自然と引き寄せられてきて、ついには「本来の自分」に最もフィットした環境に身を置くことになり、「本来の自分」を生きるようになるー。

または人によっては、「すべてのものは自分の投影である」と気づくといった形で、"自分アンテナ"が顔を出してくるかもしれません。

 

・・いずれにしても、"自分アンテナ"の感度が良くなるので、「自分と関係のないものはない」「すべては自分の鏡である」「すべては本来の自分を生きるきっかけであり、道具である」といった感覚に心が開かれていくことが、ほぼ同時共時で進行することになるのだと思います。

 

そう! 瞑想によって"自分アンテナ"が立ち、「自分」関連の集まりが優勢を見せはじめるということは、すべてのことが「自分に関係のあるもの」となる、すなわち、すべてにおいて「当事者になる」、ということではないでしょうか。

例えば、どこか遠い地が災害に見舞われたとき、それを対岸の火事としてではなく当事者として、「自分にできることは何か?」と問うたり、一つの躊躇もなく多額の義援金を贈るといった行動が取れるのも、すべてに「自分」を見ていて、当事者として対峙しているからこそである、と言えます。


また、"引き寄せの法則"の極意も、「すべては自分である(繋がっている)」ことを知ることであるそうです。

例えば、「右手を動かしたい」と思ったとき。

右手を動かすことを、「引き寄せよう」と考える人はいません。

右手が動くのは、「自分」と「右手」が、腕で繋がっている(=右手も自分である)ことを知っているから、難なく動かせるんですね。

つまり、引き寄せの法則が上手くいかないのは、「自分」と「引き寄せたいもの」が実は同じものであり、繋がっているものであるということを知らず、別物であるという"分離意識"のほうを信じていて、それがベースにあるからである、と言えそうです。
(イコール、"自分アンテナ"が、まだ十分に開いていないから。)

 

瞑想とは、一なるものと一体になる時間を持つことで、"分離意識"という錯覚を癒しながら、"自分アンテナ"の名の下に、あらゆることを「自分事」として統合していく"統合意識"に、心を開いてゆくプロセスであると言えます。

 

このように見ていくと、瞑想って、すごいなぁ〜と感じ入ってしまいます。

 

本来の自分を生きる秘訣、自由自在に引き寄せる極意でもある、"自分アンテナ"。

あなたも瞑想で、体感してみませんか?

 

f:id:Yuichirokun:20161207231829j:plain

 

ありがとうございました!