読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

祈りと瞑想。

きょうもFM88.8 瞑想RADIOにアクセスいただきまして、ありがとうございます!

 

「祈り」という言葉の語源には、諸説あるそうです。

 

「いのり」とは、「いき(息・生)のイ」に「乗る」から来ている、という説を以前本で読んで以来、この言葉の成り立ちに惹かれ、この説を支持しています。

 

息(呼吸)を観察したり、感じたりする瞑想は、まさに「乗る」行為。

また瞑想は、「の現場に素直に乗る」ことで、本来の有り様に立ち返る行為でもあります。

 

瞑想は、「いのり(祈り)」なんですね。

 

これに加えて、「自分らしく生きる」ことも、一つの祈りではないかと感じます。

 

一人一人、息(呼吸)のペースといったものがありますが、「自分らしく生きる」とは、なにも傍若無人に振る舞うことではなく、端的に言うならば、「自分の息(呼吸)のペースに乗る」ということではないでしょうか。

このような意味で、息や生に乗る瞑想も、「自分らしく生きる」ことに通ずるものであると言えそうです。

 

「自分らしく生きる」と、その人は「イキイキ」するので、そんな「イキイキにノル」ということで、「イノリ」。

というのは、後から思いついたことですが。。

 

SMAPさん解散の報を聞きました。

 

「ファンの祈りを無視することとなってしまい…」というようなメンバーのコメントがありましたが、僕は彼らこそ、「自分らしく生きる」こと、「イキイキ生きる」という祈りを、それこそが応援してくれる方々への一番の贈り物になることを知っているがゆえに、ずっと、ずっと、そのような祈りと共にあったメンバーさん達だと思うのです。

ファンの「い(意)」にも大切に乗るという「いのり」も、ずっと重ねてこられたのではないでしょうか。

 

そして、今回の決定も、そのようなメンバーひとりひとりの中の、「祈り」からのものであるような気がして、ならないのです。

SMAPさんのことを語るには、僕はあまりに何も知らな過ぎるからこそ、このような感覚でいられるのかもしれません。

 

ただ、多分ですが、SMAPさんからこれまで、嬉しい気持ちや、楽しい気持ち、感動や勇気、未来の希望といった、何かの贈り物をもらったと感じたとき、次は自分が「自分らしく生きる」こと、「イキイキ生きる」ことを選択し続けることが、SMAPさんにとっての、大きな贈り物となるような気がしています。

たとえグループの形が変わってしまっても、メンバーお一人お一人も、ファンお一人お一人も、変わらず「自分らしく生きる」という祈りを続け、この祈りと共に一つで在り続ける。

すごく素敵な集団だと思います。

 

僕も、瞑想という祈りのある日常とともに、「自分らしく生きる」という祈りを、捧げていきたいです。

それが、ステージで夢を与える人たちの祈り、それを裏方で支える人たちの祈り、そんな人たちを応援する祈りとも、風に乗って、どこかで一つに重なるであろう祈りとともに。

 

明日15日は、終戦の日です。

 

f:id:Yuichirokun:20160814235653j:plain

 

ありがとうございました!