読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FM88.8 瞑想RADIO

瞑想のある毎日。

瞑想で、(魂の)青写真に触れる。

きょうも、FM88.8まで周波数を合わせていただきまして、ありがとうございます!

 

「この先、どの道に進むべきか」「人生の目的を知りたい」

・・誰もが、一度は考えたことのあるトピックだと思います。

 

瞑想は、その「答え」を見る(感じる)ことのできるものです。

 

The Beatlesのポール・マッカートニーは、"Yesterday"という曲を作ったときの経緯を、次のように語っています。

 

「睡眠中に、夢の中でメロディが浮かんだので、急いでコードを探してスタジオで完成させた。作ろうと思ってできるメロディじゃないよ。あまりにも自然に浮かんできたものだから、別の誰かの曲のメロディなんじゃないかと思って、みんなに聞かせて回ったけど、誰もこのメロディを知らないみたいだったから、僕のオリジナル曲だと認識したんだ。」

 

瞑想や、睡眠中の夢といった、時空間に縛られていないようなところに、すべての情報と答え、宇宙の秘密があるような気がしたことはないでしょうか?

自分も、バンドでオリジナル曲を作っていた当時、このポールのエピソードを本で読み、「いいなぁ」と憧れたもので・・

『瞑想は、アイデアや真実が湧き出ずる「源泉」に浸かるものだ』という予感が、瞑想をはじめる、一つのきっかけになっていたかもしれません。

今でも、何か"大事なこと"を確認しにいくために、瞑想をしているような気がしています。

"魂の青写真"に触れにいく、とでもいうような。

 

以前、NHK『ガッテン!』の瞑想特集の中で、

「私たちは、1日に18万7000項目のことを考えている」

という話題がありました。

なんと!その思考のほとんどが、過去の後悔や将来の不安だそうです。

・・ただでさえ情報が氾濫している中に生きる現代人にとって、「大事なことを確認しに行く」瞑想という作業は、必須なことに思えてきますね。


ところで、瞑想をしても、「一見したところ現実が変わっていないように感じる」ことがあります。

それどころか、状況が悪化しているように感じることも。。


これは、瞑想の中で感じ取った「答え、行き先、晴れた姿」といったゴールテープを切るために、『向かい合う必要のあるもの』が浮上してくるからであるそうです。

つまり、瞑想を終えて目を開けたところから、実は自然と、「叶える」ための"創造"が始まっているんですね。

ここで諦めないで、瞑想的な聡明さと繊細さでもって、一つ一つを丁寧にほどいて見ていくー。

すると、瞑想の中で見た"最初の答え"に、たどり着くようになっているようです。


このあたりのプロセスのことが、今朝の配信で語られていました。


www.ustream.tv

 

瞑想をすると、現実世界のすべてが、瞑想中に感じたものに至るための『創造の機会』になるんだなぁ〜と、しみじみ。

 

日々の慌ただしさの中で、「大事なことを確認したい」とき。

「本来の道」へと、軌道修正をしたいとき。


瞑想とは、その願いに応えるものです。

 

f:id:Yuichirokun:20161208211311j:plain

 

ありがとうございました!